スポンサードリンク

2008年02月05日

オギノ式の注意事項について

オギノ式をおこなうにあたって
どうしても注意しなければならないことがあります。

それは、まず
「オギノ式は避妊の成功率がそれほど高くない避妊法である。」
とういことを理解することです。


避妊の成功率が高いものにはピルやコンドームがあげられます。
ピルであれば約5%の失敗率であり、
理想的な状態で使用していれば失敗率は約0.1%程度だといわれています。

また、コンドームであれば失敗率は約14%で、
理想的な状態であれば約3%といわれています。

しかし、オギノ式の失敗率は約25%です。

荻野博士の理論には落ち度もなく
排卵期の前後に妊娠の可能性があるという考え方も
まちがってはいません。

ですから、もしオギノ式を理想的な状態で行うことができるとすれば、失敗率は約1〜9%程度までに下げることができます。


しかし、
女性の体というものは理論では解決できない部分も多くあるため、
どうしてもこれだけの方法では正確に排卵期を
計算することは難しいといえます。

荻野博士はこのことも理解していたため、
オギノ式を避妊法に取り入れようとする意見には最後まで
反対されており、

「女性の体には100%安全日などというものはない!」
とまでおっしゃっていました。

ですから、オギノ式を避妊の目的で使うとするならば、
かならず他の避妊法と併用することが望しく、
100%この方法だけに頼ることは危険といえましょう。


これらの点からもわかるように、
オギノ式は避妊目的ではなく懐妊目的として用いるほうが、
本来の趣旨にそっておりより効果的なのかもしれません。






ラベル:オギノ式 避妊
posted by オギノ式懐妊法実践会 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | オギノ式のメリットとデメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。