スポンサードリンク

2008年02月09日

基礎体温とオギノ式

オギノ式以外にも、
基礎体温をつけることで排卵期をしることができます。

月経のある女性の体温は1ヶ月を通して決して一定ではありません。

低温期と高温期に分けることができます。
女性は低温期から比べ高温期になると
体温が約0.5℃から1℃ほど上昇します。

この高温期は排卵日から約14日間つづき、
そして低温期にはいり生理がはじまるというわけです。

この月経までの期間は荻野博士によって発見されたので、
オギノ式の理論と同じです。

もし高温期がずっと続くのであれば妊娠の可能性を
考えることができますし、もし短いようであったら
無排卵などの婦人科系の病気が考えられます。


基礎体温では高温期に入った時期によって
排卵期をしることができます。


しかしこの基礎体温をつけることもなかなか大変で、
朝起きてすぐ(ほぼ毎日同じ時間帯)に体温計を
口にいれてはかるというものです。

基礎体温は体の状態が一番安静の時の体温をいうため、
目が覚めてすぐが一番良いとされています。

人間は何かを考えただけでも体温はあがるものなので、
とにかく目が覚めたらすぐというのが基礎体温を
はかるうえで一番大切になってきます。

また、毎日つづけなければならないので、
かなりこちらもきちんとやらなければならいないでしょう。


基礎体温をオギノ式と併用しておこなって排卵期を知ることは
とても役に立つことだとおもいます。

しかし、オギノ式や基礎体温式のような生理的な避妊方法は
やはり手間のわりには不確実であるので、
避妊目的としては適していないでしょう。


posted by オギノ式懐妊法実践会 at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | オギノ式とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。